アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
スマートフォンの活用で効率化を

スマホで確認会社の経費を精算する方法は、企業のシステムによって様々ですが、溜めてしまうと面倒だし、どうにか効率よく処理できないものか悩むものです。
企業での経費精算のほとんどは、期限が決まっているため、期限まで清算をしない場合は、自腹になってしまう場合もあります。
企業側も、正確に迅速に対応するため、社内システムをできる限り簡素化するなど改善を図っていますが、最後は人の対応に頼らざる負えないことから、経費の情報をいかに早く精算を処理する部署に回すかがカギになります。
このような経費精算の問題は多く、いろいろなパッケージシステムも開発されています。
ただ大掛かりなシステムでなくても、効率的にすることも可能です。
今はスマートフォンを会社で貸与してくれるところもありますが、そのスマートフォンを活用することです。
通常、経費精算には、会社で規定したフォーマットに軽費のデータ、必要事項を記入(入力)して、1日、1週間、1か月分まとめて提出します。
外回りなどが中心な人は、会社に戻ってくればそれなりの仕事が待っているので、どうしても経費精算作業は後回しになってしまいます。
そこで、帰社する電車の中で、スマートフォンを活用し、その作業を済ませてしまえばいいのです。
ほとんどの経費精算フォーマットは単純なものなので、それをスマートフォンで入力できるようにすればいいのです。
後は、提出期日までに、それをアウトプットするだけです。
データであればメール転送も可能ですし、紙媒体で提出が必要であれば印字するだけでいいのです。
また、こういったことに悩んでいる人も多いので、企業側に提案するのも一つだと思います。
会社全体として、スマートフォンを活用た経費精算システムの対応をしているところもあります。
スマートフォンのいいところは、どこでも対応できるため、出張先などでも即時対応が可能なため、精算部署に情報が即時回ることも可能なのです。
このような作業が効率化されることにより、社員も担当者も他の作業に時間を振り分けられることにもなり、業績にも影響を与えることになります。

オススメリンク

猫とパソコン

最近の傾向

出張費や交際費などの経費精算は、かつては用紙記入などで行うことが一般的であったが、最近ではシステムで行うことが通常となっている。 経費精算は、その費用が小さいが件数が非常に多いという場合も多くあり、Read more
2台のパソコン

問題点と対処法

経費精算は、複数の人間で事業を行う場合は必ず必要な作業となる。 この方法としては、手作業で行うかシステムで行うか、2つの方法がある。 近年はシステムで行う会社が一般的である。 理由は、手作業にはRead more

関連リンク